デイトナ

DAYTONATALK SERIES WIRELESS INTERCOM

お問い合わせ

Preparation for firmware update

ファームアップデートの準備

【ファームアップデート時に用意するもの】

  1. DT-E1本体と付属のUSB Type-Cケーブル
  2. 「DT-E1設定ツール」のダウンロードと設定
  3. ファームウェアのダウンロード

以上3点が必要となります。
まずは次から始まる、「DT-E1設定ツール」のご案内をよくお読みいただき、ファームアップデートデータの準備をしてください。

【ファームウエアアップデートの前に】

以上に注意して「DTE1 設定ツール」のダウンロードを行ってください。

DT-E1設定ツール ダウンロードファームウェア

※設定を変更するためのツールです。ファームアップデートを行う前にダウンロードし、セットアップしてください。

設定ツール

PROCESS.01

1.PCへソフトウエアをインストールする

注意:まだDT-E1をPCへ接続しないでください。

1-1

ダウンロードした『DTE1_ConfigureTool_V1.00.rar』を解凍し、
『DTE1_ConfigureTool_V1.00.exe』を実行します。

1-2

「はい」を選択します。

1-3

インストールする言語を選択し、OKをを選択します。(基本は日本語を選択)

1-4

インストールウィザードが開始されます。デスクトップ上にアイコンを作成するにチェックを入れ「次へ」を選択します。

1-5

「インストール」を選択します。

1-6

インストールが開始されます。

1-7

「Yes」を選択します。

1-8

「完了」を選択します。

ドライバーのインストールが完了です。デスクトップ上に『DTE1 Configure Tool』のショートカットアイコンが表示されます。

設定ツール

PROCESS.02

2.DT-E1とパソコンを接続する

2-1

デスクトップ上に『DTE1 Configure Tool』のショートカットから『DTE1 Configure Tool』を開きます。
注意画面「COMポートを選択してから開いてください。」の「OK」を選択します。

2-2

DT-E1に付属のUSB Type-Cケーブルを使用してDT-E1本体ををPCへ接続します。 ※必ず付属の専用ケーブルを使用してください。

2-3

DTE1 Configure Toolの「COMポートを開く」を選択します。パソコンとDT-E1の接続が完了です。

設定ツール

PROCESS.03

3.DT-01 Configure Toolを使用する

3-1

スピードダイヤル設定
3件の電話番号を登録することができ、DT-01の操作で登録した電話番号へ発信することができます。
登録したい電話番号を-(ハイフン)無しの0~9の数字で入力し、「保存」ボタンを選択します。
※入力できる数字は最大16桁です。

3-1-1

スピードダイヤルの使用方法
DT-E1が待機状態の時に、Mボタンを押す回数でスピードダイヤルに登録した電話番号へ発信することができます。
スピードダイヤル1:Mボタン3回
スピードダイヤル2:Mボタン4回
スピードダイヤル2:Mボタン5回

3-2

A2DP音量設定設定
バックグランドミュージック機能使用時に出力されるデバイスの音量だけを調整します。
音量の設定へ1~100の数字で入力し、「保存」ボタンを選択します。
例)数字の20を入力した場合、A2DPオーディオの音量がインカム通話の音声の20%の音量で聞こえます。

3-3

GPS音量設定設定
ボイスミックス機能使用時に出力されるHFPデバイスの音量だけを調整します。
また、GPS共有設定を「はい」にするとインカム通話中にHFPデバイスの音声を共有することができます。
音量の設定へ1~100の数字で入力し、「保存」ボタンを選択します。
例)数字の20を入力した場合、HFPデバイスの音量がインカム通話の音声の20%の音量で聞こえます。

3-4

ファームウエアアップデート
DT-E1の機能の修正や追加があった際にプログラム(ファームウエア)を最新化します。
※ファームウエアアップグレードの詳細につきましては、新プログラムリリース時にご案内します。